【バンコク=中村幸岳】DICは2019年春をめどに、タイで塗料用樹脂の生産能力を増強する。自動車や家電などの塗料に使われるポリエステル系樹脂と、塗工・コート用水性ウレタン樹脂の製造設備を導入し、それぞれ年産能力を約5割引き上げる。自動車生産の回復に伴ってタイの樹脂需要が伸びており、東南アジアや南西アジアでも引き合いが強いため、供給力を高めてこれに応える。

ポリエステル系樹脂と水性ウレタン樹脂を増強するSCIの工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る