DICは製造現場の人手不足を見据え、次世代モデル構築に向けた検討を開始する。千葉工場(千葉県市原市)と堺工場(大阪府高石市)の樹脂製造設備を対象に、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)技術の導入をはじめ、外気温に左右されにくいレイアウトなどを含めて生産方式を見直す。働きやすい環境整備により製造オペレーターの定着率を改善させる狙いで、女性の比率も将来的に全社と同じ20%に高めたい考え。次期中期経営計画にも重要課題の一つに盛り込む。

千葉工場(写真)や堺工場をモデル工場に設定

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る