DIC子会社でスピルリナの販売を手がけるDICライフテックは、今後10年で海外売上高比率を1割から5割へ高める方針だ。本紙の取材に竹見孝弘社長は「意欲的な目標だが、所得や生活水準向上が進むアジア市場を主なターゲットに安全性・信頼性の高い健康食品などを拡販していく。DICグループのシナジーも活用し国内外で認知度を広げたい」と語った。長期視点でDICなどと藻類研究も進めており、スピルリナ以外の藻も市場展開を検討している。続きは本紙で

食品素材や健康食品など広く販売している

竹見社長

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る