DKSHジャパンは、24時間連続運転が可能な高効率超音波ホモジナイザー(乳化・分散装置)で先端領域を開拓する。近年、化学、食品、電子材料などのナノレベル分散をはじめ乳化、細胞破砕などで超音波装置の採用が増えているものの、短時間の運転に限定される装置が多くラボ用が中心だ。これに対し、独ヒールッシャー社製の装置は24時間運転できるため、本格的な商業生産に適する。同社ではコンパクトなうえ連続運転できる特徴を訴求し、ラボから大量生産用のハイエンド領域をターゲットに受注積み上げを狙う。


ホモジナイザーUP400Sは出力400ワット。小型サイズで場所を選ばず設置できる

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る