工作機械大手のDMG森精機は自律走行型ロボット「AGV Robot RV3」を開発した。AGV(無人搬送車)と協働ロボットで構成されており、工場内で部品などをピックアップしながら加工や検査、完成品エリアまで搬送する。自律走行するため変則的なレイアウトでも対応できる。技術的な改善を重ねながら2019~20年度の市場投入を目指す。

センサーで障害物を避け素材を自動認識。非接触給電により24時間稼働できる

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る