DOWAホールディングスは、車載用リチウムイオン2次電池(LiB)のリサイクルプロセスの高度化を推進する。同社は中間処理業者として事業を展開しており、社内プロセスで回収する資源の形状を現在の金属混合物からLiB正極材プリカーサー原料や炭酸リチウムへと加工度を高める。すでに独自プロセスの開発に着手しており、実現により回収資源の高付加価値化を図り処理費用の低減につなげる考えだ。同社では、独自プロセスの構築により静脈産業におけるポジションを確保していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る