ディーピーエス(DPS、京都市、白鴻志代表取締役)は、多孔質のシリカモノリス(シリカゲル)粉末「DualPore(デュアルポア)」の用途拡大に拍車をかける。同社が力を入れているのが金属吸着除去(メタルスカベンジャー)用途で、従来の技術では取り切れない低濃度でも高い捕集能力を発揮、濃度を1ppb以下にできる。医薬品分野では金属不純物ガイドライン「ICHQ3D」に対応可能。半導体製造プロセスに用いる化学薬品や部材向け、メッキ排液の貴金属リサイクルにも有望とみている。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る