FDKは、超薄型リチウム1次電池の市場開拓を加速する。0・45ミリメートルと紙のような薄さを生かし、IoT(モノのインターネット)化を電源供給面から支援する方針。センサーデバイスとの融合で、水の中での適用などを検討していく。取り組み先の要望を聞き入れながら、輸送や見守り、ヘルスケア用途など、新たな需要の掘り起こしに注力する考えだ。


多機能カードなどに多く採用されている

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る