健康食品原料などを展開するGEウェルネス(神戸市中央区)は、動物性プラセンタと類似のアミノ酸組成を持つ微細藻類ユーグレナ(ミドリムシ)を食品用途に提案する。他の植物性プラセンタに比べ9倍以上のアミノ酸量を含有し、「プラセンタ様物質」として美容のほか、ダイエット関連のエビデンスを蓄積している。室内培養のため有害金属など不純物の混入リスクにも対応。ヴィーガン、ベジタリアン向け製品のニーズなどを見込み、早期に月間販売量200キログラムを目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る