GROUND(東京都江東区)は、物流業界のコスト構造改革に寄与するオープンプラットフォームを構築する。物流ロボットを用いたエンジニアリング、AI(人工知能)による高度な分析が可能なソフトウエア、物流オペレーションで構成。物流データの蓄積や標準化を図るとともに、多様なニーズに応じた物流ロボットの活用方法などを提案し、ソフトとハードの共有による物流システムの早期開発を目指す。これによって全てのユーザーがアクセス可能とし、物流に特化したさまざまなソリューションを利用可能とする考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る