国際的な使用規制を受けるハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)-225を代替するフッ素系洗浄剤としてメーカー各社が拡販を進めているハイドロフルオロオレフィン(HFO)系洗浄剤。性能の高さゆえ、従来品に比べ単価は割高になる傾向がある。これを商機とみたのが洗浄装置メーカー。洗浄剤の使用量を節約できる装置の提案を強化している。新製品を投入するメーカーもあり、ユーザーにとってはフッ素系以外の溶剤からの切り替えも含め、選択肢が広がりそうだ。続きは本紙で

ジャパン・フィールドのGreenVapor洗浄機

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る