IHIは、水素キャリアとして期待されるアンモニアの利用技術の実用化を推進する。同社は今年、アンモニア混焼石炭火力ボイラー、アンモニア混焼ガスタービン、アンモニア直接供給型の固体酸化物燃料電池(SOFC)システムの実証試験に相次ぎ成功。石炭火力での混焼技術では、今期中に既設石炭火力発電に向けた試設計を実施する予定。3技術とも2020年頃の実用化を目指しており、営業活動を本格化させていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る