IHIグループ3社のプラント事業を統合して発足したエンジニアリング会社のIHIプラント(IPC)は、経営基盤の強化を目指し「トリプル7」戦略を推し進める。3社によるシナジー効果を引き出し、設計・調達・建設(EPC)ビジネスを強力に展開、3年後に受注高700億円、売上高700億円、営業利益率7%を達成する。とくに再生可能エネルギー、石油化学プラント、バイナリー発電、水処理プラントなどを有望分野に市場攻勢をかける。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る