内閣府の革新的研究開発推進プログラム「ImPACT」で、次世代自動車用電池膜に関する成果が相次ぎ発表された。東京大学の伊藤耕三教授をプログラムマネージャーとする「しなやかなタフポリマーの実現」を目指す伊藤プログラムの一環で、燃料電池車(FCV)や電気自動車(EV)の燃費向上や航続距離延長につながる可能性が高く、FCVやEVの本格普及に弾みが付く成果として注目されそうだ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る