【バンコク=岩﨑淳一】タイ石油公社PTTグループで石油精製・石油化学大手のIRPCは、ポリプロピレン(PP)のパイロットプラントを建設する。技術ライセンスを受けた気相法での新銘柄の開発加速や生産性向上が目的。2020年までにラヨン県の工場に新設する計画で、投資額は約20億円を見込む。成長戦略として石化シフトを進めるなか、PP事業を中核の一つとして経営資源を手厚く投入する。

PP・コンパウンド設備

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る