ファインセラミックセンター(JFCC)は、電極内部のリチウムイオン分布の変化をナノスケールで観察することに成功した。新たに構築した走査型透過電子顕微鏡(STEM)と電子エネルギー損失分光法(EELS)によるイメージング手法により、実製品に使用されている正極材料オリビン(LiFePO4)内部でリチウムイオンの中間組成分布や特徴的な境界構造を明らかにしたもの。リチウムイオン分布の変化過程の観察は世界で初。今後、新技術をベースにリチウムイオンの局在化・偏在化のメカニズムを解明する計画であり、充放電特性に優れた電極や全固体電池開発への貢献が期待される。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る