JFEエンジニアリングは、デジタル技術を活用した商品・サービスを強化する。同社は廃棄物発電などのインフラ施設の運転・保守(O&M)事業の拡大に取り組んでおり、その中核機能として横浜本社にグローバルリモートセンター(GRC)を運営している。今年度、各種プラントから収集したデータを解析するプラットフォーム「プラッチェロ」を開発しており、自動運転や異常予知などの機能を充実させていく。デジタル技術に習熟したAI人材を2020年までに300人規模に育成する方針だ。

横浜本社内のGRC

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る