JFEエンジニアリングは、環境事業(ごみ処理プラント、上下水処理プラント)の収益力強化を図る。海外事業は、ごみ処理プラントの独子会社が欧州で連続受注し、アジアでもシンガポールなどで大型案件の受注を目指しており、2020年度には黒字化を見込んでいる。国内では、ごみ処理プラントの新設・改造需要が堅調で、水処理プラントも含め長期運営委託案件受注も増えている。中期的には国内シェア向上に向け、企業買収も検討していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る