JFEケミカルは中国でアルミ精錬用電極やリチウムイオン2次電池(LiB)の負極材などの原料に使う改質ピッチの生産能力を増強する。山東省の合弁2工場で小規模な設備改造を行い、2020年中に両工場合わせた生産能力を従来比3割強増の年40万トン以上に高める。グローバルの輸出拠点と位置付ける同国の生産体制を強化、中東勢などのアルミ増産や世界的な電動車の普及にともなう改質ピッチ需要の拡大を取り込む。続きは本紙で

中国で改質ピッチの生産能力を増強する(写真は山東省棗庄市の合弁工場)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る