JSPは、無発泡押出シート「アクリエース」の高付加価値化を推進する。建具などに使用されるデザインガラス(チェッカーガラス)代替を狙いに、新たにチェッカー柄のMS(メチルメタクリレート・スチレン共重合)樹脂シートの量産を開始した。ガラスに比べて軽量かつ高強度で破片が飛散しにくいといった特徴から、すでにドアガラスとして採用されている。熱曲げ加工やUVダイレクト印刷も可能で、同社はインテリアなど意匠性が求められる用途に向けて訴求していく。

DSチェッカーの使用例。軽量・高強度で破片が飛散しにくいことからドアガラスに最適

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る