JSPは、押出法ポリスチレン(PS)フォーム「ミラフォーム」の事業展開を加速する。このほど完成した関西工場(兵庫県たつの市)の新工場を軸に、西日本地域において壁面での採用拡大に向けた取り組みを本格化する。高性能断熱材「ミラフォームΛ(ラムダ)」の専用ラインを新規導入し、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化の進展が見込まれる住宅向けに吹き付けウレタンフォームやロックウール/グラスウールからの置き換えを狙う。新工場では2次加工(断裁、貼り合わせなど)ラインの自動化も図っており、供給基盤の強化により同事業の規模拡大を推進する。

関西工場では専用ラインが稼働した

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る