JSRはライフサイエンス事業の育成を急ピッチで進めてきた。M&A(買収・合併)などに総額1000億円規模を注ぎ込み、世界を見渡しても特異といえるバイオ医薬品のバリューチェーンを構築。この4月には高額医療サービスを受け入れる土壌があり、バイオ医薬市場も拡大していく米国を事業活動とマーケットの本拠地に定めた。同社の出自は合成ゴムの国策会社である。「思えば遠くへ来たものだ」と感慨に浸る暇もあらばこそ、事業を軌道に乗せるための挑戦は続く。

KBIバイオファーマのカラム。培養後の細胞、微生物から得た抗体などを精製する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る