JSRはライフサイエンス事業を加速する。今年の生産計画が埋まった抗体医薬品の受託製造会社は培養タンクを増設する方針。北米のほかM&A(買収・合併)も視野に欧州での立ち上げも構想する。また、創薬支援会社はがん細胞を移植した前臨床用マウスの作製スペースと人材の拡充を中国で計画。需要を取り込む体制を早期に整えるため、両社の案件とも今期中に投資決定する。抗体医薬のバリューチェーン間でのシナジー創出による業容も拡大、次世代ビジネスの探索も強化する。

抗体医薬品受託製造会社の米KBIバイオファーマは動物細胞培養タンクの増設を計画している

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る