JSRはマテリアルズ・インフォマティクス(MI)の活用により、開発スピードを10倍に高める。AI(人工知能)による機械学習の高精度化に向け、事業別研究所におけるデータベース(DB)化率は全体の7割まで進展。機械学習ではディスプレイ材料で実績を生んでおり、他事業にも波及させる。中長期では量子コンピューティングによるビッグデータ解析と組み合わせた開発体制を目指し、プログラミング言語など関連技術の革新もあるなか、最適なハードとアルゴリズムの構築を加速する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る