JX金属は、フレキシブルプリント配線板(FPC)向けに微細配線と優れた高周波特性を実現する圧延銅箔の表面処理技術を開発した。樹脂フィルムと銅箔の間に合金層を設けることで、シャープな回路ができる。銅箔表面が滑らかなため電気信号の損失が少なく高周波特性に優れる。高機能化により配線の高密度化が求められているスマートフォンをはじめ、ミリ波レーダーなどの車載用モジュールを対象に売り込む。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る