KDDIは、インフラ点検や警備など複数の分野で活用できるドローンのマルチユース化を目指す。今月からモバイル通信対応のスマートドローンを用いた広域監視、鉄塔点検サービスを開始し、鉄道や道路など広域インフラを狙うほか、今後はピンポイントの点検を行う鉄塔向けサービスをプラント向けソリューションに発展させ、人手不足の課題を抱える工場の業務効率化や省人化を支援する。続きは本紙で

広域監視用ドローン「PD8-AW」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る