KHネオケムは7日、戦略分野の強化と新事業創出を柱とする2030年までの長期ビジョンを公表した。30年までの12年間で総額1000億円規模を投じ、このうち700億円を主力製品の設備投資や新事業創出に向けた研究開発、M&A(合併・買収)などの戦略投資に充てる。同社は売上高1000億円規模ながら、エアコン向け冷凍機油原料や化粧品原料、半導体向け高純度溶剤などで世界有数のシェアを持つ。培った強みに磨きをかけ、高収益体質を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る