KIMOTOはデジタル関連事業を拡充する。空間3次元(3D)スキャンやコンピューター映像(CG)技術を複合し、実空間のデジタルデータ化などを行う3D空間利活用サービス「KIMOTO360」(キモト360)を提供する。工場やオフィスの作業環境記録や設備更新、現況調査、施工前プレゼンテーションなどを想定し、VR(仮想現実)デバイスにも対応する。設計の最適化などが図れる。自社での利用実績の活用、装飾フィルムなど既存事業とのシナジーも訴求し、まずは売上高数億円規模を目指し事業育成を図る方針。

3DスキャンやCG作製などを一貫提供する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る