KISCOは、軽量で高い熱伝導率を特徴とするグラフェン(炭素原子シート)ビジネスへの取り組みを強化する。このほどグラフェンの開発・販売を行っているグラフェンプラットフォーム(GP 東京都渋谷区、長谷川正治社長)との間で、グラフェンインクに関する日本および韓国、台湾における総代理店権を含む業務提携契約を締結した。今回の提携を機に、KISCOが保有しているグローバルな販売ネットワークを活用し同インクを幅広く展開、顧客の新たなアプリケーション開発および製品開発に貢献していく方針だ。


GPのグラフェンインキ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る