<化学品市場総点検>
 インキや接着剤などに使われるメチルエチルケトン(MEK)は、石油化学市況が全体的に低迷するなかでもC4留分を高付加価値する手段として存在感を発揮している。続きは電子版で

化学工業日報電子版が創刊しました

電子版のリリースにより、すべての記事がWebで読めるようになり、マルチデバイスで時間や場所を選ばず化学工業日報を閲覧できます。>>電子版を見る

エネルギー・素材の最新記事もっと見る