三菱エンジニアリングプラスチックス(MEP)は、MXD6系ナイロン成形材料「レニー」を拡販する。自動車のバックモニター用カメラモジュール向けが好調で、年率2~3割の拡大が続く。今後も新車への搭載が義務づけられた米国、電気自動車(EV)シフトが進む中国で需要が拡大する見通し。主力のドアミラーステイ用途は競争が激化し、将来的にはカメラを用いたミラーレス車によってドアミラー自体がなくなる恐れもある。対抗馬となるカメラ周りの需要を取り込み事業拡大につなげる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る