MORESCOは、環境対応製品で攻勢をかける。従来よりもVOC(揮発性有機化合物)を発生しないホットメルト接着剤を開発した。製造プロセスの改善により実現したもので、約1・5億円を投じて中国拠点に関連設備の導入を進める。紙おむつをはじめ食品などの包装における低臭気のニーズを取り込む構えで、2019年春の量産化を目指す。機械メーカーと協力し、大幅に塗布量を減らせるダイカスト離型剤も開発。作業環境改善やコスト削減につながるとして提案を加速していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る