物質・材料研究機構(NIMS)の前田諒太研究員、篠原嘉一グループリーダーらの研究グループは新たに導電性高分子PEDOT/PSSのゲル化成膜法を開発した。エタノール溶媒中で水分散液を処理するだけで簡単にゲル化する。ゲル状のPEDOT/PSSは基板を選ばず、衣服や紙に成膜可能。フレキシブルな電極や熱電変換材料への応用が見込まれる。続きは本紙で

ゲル化したPEDOT/PSSは網の上でも崩れない

紙の上にも成膜することができる

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る