- 足元の事業環境は。

 「昨年12月から停滞感が顕著になってきた印象だ。特定顧客依存が高い電子部品事業は期初から厳しい予測であったが、ここにきてシール事業にも急ブレーキがかかり始めており、これまでの設備投資も負担になっている。米中貿易刺激策など不確定要素も多く回復時期も見通せない。当社も、中国の子会社から米国への輸出品に影響が出ており、日本やタイに生産の振り分けを進めている」

 - 今期の業績は。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る