NTTドコモは、玄関を通る人を認識して必要な情報を音声で伝えるIoT(モノのインターネット)デバイスを2019年度内に商品化する。玄関に設置することで、スマートフォンや傘などの忘れ物をしないよう促したり、天気予報を知らせたりすることができる。子供の帰宅時には音声メッセージを再生して出迎える。価格は1万円程度を想定しており、まずはBtoC(企業対消費者取引)で展開。毎日通過する玄関での新たな価値を提供する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る