NTTドコモは、畑作用AI(人工知能)除草ロボットの開発を加速する。画像認識技術で畑の作物列をリアルタイムに認識し、自動走行しながら除草作業を行う。同作業を無人化することで、有機農法における生産者の負担を軽減する。農業機械メーカーや農業法人と協業して開発と実証実験を進めており、今後5年以内の商用化を目指す。

AI除草ロボットの作業イメージ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る