NTT東日本は、農業向けIoT(モノのインターネット)ソリューションの提案を本格化する。センサーやクラウドサービスなどをパッケージ化した取り組みで、同技術を用い山梨市の「アグリイノベーションLab」に参画中。高級フルーツの全損回避やハウスの巡回回数を低減するなど、着実な成果を挙げている。農家の生産性向上や労働力不足のサポートに貢献するソリューションとして今後、導入拡大を働きかけていく。

巡回数の低減や果物の全損回避など成果を挙げている(農業向けセンサーデバイス)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る