OATアグリオは、花と植物の鮮度保持剤の分野で世界で圧倒的なブランド力を持つ蘭クリザール社を買収する。約80億円投じクリザール社の全株式を取得、グループ傘下に入れる。統合後はクリザール社の強力なサプライチェーンを活用して国際的な収穫後(ポストハーベスト)市場や、川上領域の巨大な収穫前(プレハーベスト)市場に対し、OATグループの鮮度保持剤、農薬やバイオスティミュラントといった製品の普及を目指す。また、両社の持つ技術を組み合わせて、市場競争力が高い機能製品の開発を行うなど次期成長ステージへの取り組みを進める。取得手続きは12月中旬に完了させる予定。

株式取得契約締結で握手するOATアグリオの森明平社長(右)とクリザール社(ブルーウェイブHD)のPeter
Vriends CEO

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る