OKIは、高度IoT(モノのインターネット)社会の実現を目指す長期戦略を発表した。社会課題の解決に向け、エッジとネットワーク、クラウドまで一貫したエコシステムの形成・提供にグループ全体で取り組む。高信頼性・エッジ領域を強みとし、パートナー連携により各分野で社会実装を行う。データ処理の増大に対しAI(人工知能)エッジコンピューターと5G(第5世代通信)による低遅延クラウド連携など、多彩な手段を用いて最適化する。インフラや交通など6分野を戦略領域と位置付け、デジタル・データ中心社会の具現化を長期的な事業成長につなげる。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る