OKIエンジニアリングは、大型サンプル向け非破壊解析を強化する。長辺19センチメートル対応のエネルギー分散型X線分析(EDX)装置分析装置を用いた、国内初の受託分析サービスを展開する。欧州RoHS指令対応の元素マッピングや、非破壊定性分析を提供する。プリント配線板(PCB)やリチウムイオン2次電池(LiB)などの開発や品質管理に提案し、売上高で年間1000万円以上を目指す。詳細解析との一体提供も訴求し、受託分析の利用拡大につなげていく。続きは本紙で

RoHS指令対応に向けたマッピング分析などを提供する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る