P&Gジャパンのスタニスラブ・ベセラ社長は過去3カ年の売上高(15年7月~18年6月)がグローバル全体の伸び率を上回ったことを明らかにした。直近6カ月については「成長率は1ケタ台は半ば」と述べ、日本の売上拡大がグローバルの成長エンジンになっているいう。世界に先がけて日本市場に投入する製品も増えており、「日本の厳しい目を持つ消費者に向けて満足する製品」を提供していくことがさらなる成長につながるとし、2020年ビジョンに向けた成長戦略の中で日本の高い成長への自信をみせた。

成長戦略を説明するベセラ社長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る