無機系凝集剤のポリ塩化アルミニウム(PAC)の出荷ピークが例年より長期化した。7~8月の猛暑で浄水処理用の需要が増えた。足元の出荷水準は落ち着きつつあるものの、これからの台風シーズンに再び多くのPACが必要になる可能性もある。一方で、原料市況の高騰などから収益性は悪化。値上げ機運が高まってきた。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る