PHCホールディングス(旧パナソニックヘルスケアホールディングス)は、マイケル・クロス常務執行役員が4月1日付で社長に就任する人事を内定した。小谷秀仁社長は6月27日開催の株主総会を経て退任する。
 クロス氏は1993年に独ヴッパータール大経済学部卒業後、仏パリ大学でMBA取得。独バイエル入社後はコンシューマーケアや糖尿病ケア事業に長年携わった。PHCはバイエルの糖尿病ケア事業を2016年1月に買収。PHC傘下のアセンシアダイアベティスケアHD(スイス)社長を16年から務めてきた。ドイツ出身、52歳。(2019/2/27/11)

新社長の最新記事もっと見る