PJP Eye(東京都港区、仁科浩明社長)は、モビリティ分野で独自のカーボン蓄電池の幅広い展開を目指す。第1弾として丸石サイクルの電動アシスト自転車に採用された。同電池が持つ急速充電や優れた耐久性を生かし、充電器の提供を含め自転車シェアサービスの課題解決に貢献していく。ドローンやキックスクーター、水上レジャー向けなど“ちょい乗り”製品を実用化し、カーボン電池事業の拡大を狙う。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る