自動車部品などに使用されるエンジニアリングプラスチック、ポリアセタール(POM)の市況が上昇傾向だ。今後の成長を含む世界需要に対して供給力が圧倒的に不足しており、短期的な是正は不透明なことから「2020年過ぎまでタイトバランスが続く」との声が根強い。このため、価格は引き続き上がっていくとの見方が大勢を占めている。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る