【デリー=中村幸岳】インドで、自動車のインパネやバンパーに使うポリプロピレン(PP)コンパウンドの投資が活発化している。中国最大手の金発科技が大規模増産に乗り出し、米ライオンデルバセルをはじめ欧米系も現地企業の買収を通じ市場参入を果たした。自動車用のPPコンパウンド需要は年間約20万トンとみられ、年8%程度の成長が見込まれる。迎え撃つローカル企業や日系メーカーは、新規顧客の開拓や新工場の設置で対抗する。

自動車需要の拡大にともないPPコンパウンドの増産が続く

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る