【バンコク=ワンギャオ・シッティガン】タイでガソリンスタンド運営大手のPTGエナジーは、パーム油を原料に用いるバイオディーゼルの生産能力を増強する。中部のプラチュワップキーリーカン県に建設したバイオコンプレックスで、バイオディーゼル100%の「B100」の日産能力を現状比55%増の70万リットルに引き上げる計画で2019年第3四半期(7~9月期)中の稼働開始を目指す。バイオディーゼルの供給力を高め、自社給油所数の増加にともなう需要の拡大に対応する。

今年第3四半期に55%増強するバイオコンプレックス

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る