【バンコク=岩﨑淳一】タイのPTTグローバルケミカル(PTTGC)は、参入を目指しているポリカーボネート(PC)樹脂事業で、川下のコンパウンド品を先行して商業化する。発光ダイオード(LED)向け製品を開発し需要家が評価中で、採用獲得次第、委託先で商業生産を開始する。受注動向に応じて自社生産に切り替える方針。まず収益変動の小さいコンパウンド品を事業化し、その後PC樹脂設備を立ち上げることで市況などに左右されにくいフェノールチェーンの構築を狙う。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る