パラキシレン(PX)の2019年の世界需要は前年比3%程度増加し4600万トン規模になりそうだ。18年は米中貿易摩擦に関連して前倒しの需要が発生したほか、中国の廃プラスチック輸入禁止の影響も大きく、9%増と高成長だった。2年間の平均では通常の5%程度の順調な伸びとなる。最大消費国である中国の輸入は9年ぶりに前年割れとなる可能性が高い。続きは本紙で

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る