エアコン冷媒やフッ素樹脂・ゴムなどの原料であるR―22(HCFC―22)の騰勢が強まっている。樹脂向けを中心に需要が好調に推移するなか、中国で空調機などに使う新冷媒R―22への切り替えが専用の圧縮機の不足により足踏み。空調メーカーは既存の冷媒を使う製品の生産を増やすとみられ、ここにきてR―22の需要が増加している。4月以降は冷媒の需要期に入ることから、当面高値が続きそうだ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る